育休ino-9

男性の育児休暇についての経験を書くという名のほぼ育児日記

育児休暇終了日

おわりに(3/31)

妻と出会ったのは大学生の18歳の時。そこから10年以上の月日がたち、結婚してからは5年以上たっている。そんなことを考えている時に、ふと思った。昨年四月から今日までの一年間、育児休暇を取ったことにより、人生で一番長い時間、妻と一緒にいたんだなと。大学は別々だったので会っても週2,3だったし、結婚してからも共働きだったので時間にすると、多分それほど長い時間を一緒に過ごせていたわけではない。しかし、育休中はほぼ毎日、同じ空間で同じ時間を過ごしていた。コロナ離婚なんて言葉もあったので、同じ時間を長く過ごすことを苦痛に感じる人もいるのだろう。しかし、自分にとっては妻や子どもと過ごす平凡な毎日がとても楽しかった。それに人生において、時間とお金を同時に手に入れることは難しいが、育休中はありがたいことにそれが可能な期間だった。最近読んだ本の言葉を借りるなら、まさに「人生のマジックアワー」だった。

妻と出会った時を小説風に言うなら、第一章は「大学生編」。今は第六章「育休編」といったところだった。そして、それが今日で終わる。明日からは第七章「仕事復帰編」へと変わっていく。

いろんな意見や見方があるだろうが、自分はこの一年間を有意義に過ごせた。理由はどうであれ、自分で動いて自分で決断した一年間だったからだろう。なにかの本に書いてあった。「やった後悔は時間とともに薄れていくが、やらなかった後悔は時間とともに濃くなっていく」と。

この先、どんな人生になるかはわからないが、自分の人生を振り返る時がきたら、この一年間を真っ先に思い出すような気がする。子どもたちが結婚しようものなら、結婚式でワンワンと泣いてしまいそうな気がする。それぐらい楽しかった。

だからとっていって声を大にして「男性の育休を義務付けるべきだ」なんてことを言うつもりはないけれど、望んでいる人がいるなら気兼ねなく育休をとれるような、そんな世に変わっていったらいいなと思う。

「せっかく育休をとるなら、なにか書き残してみれば」とアドバイスをくれた上司をはじめ、休み中にも自転車やマラソン大会に誘ってくれた職場の方々。こんな時だからこそ久々に会えた友人。いつも助けてくれるじぃじとばぁばとおいちゃん。そしてなにより長い時間一緒に過ごしてくれた妻と産まれてきてくれた子どもたちに感謝。

さぁ、明日からも楽しい人生になるように自分でものごとを選び取っていこう。

 

令和3年3月31日現在 閲覧数:12807回 見て下さった方々、ありがとうございました。

育児休暇終了まで2日

何をするでもなく(3/30)

育休終了まで残り2日となった今日。どこに出かけるでもなく、家で過ごした。妻は明日からの仕事道具や子どもたちの登園グッズなどの準備に追われていた。一方自分も自転車に子ども二人を乗せれるための荷台をつけたりした。後は子どもたちと、習慣化された絵本読みを楽しんだりした。赤ちゃんは「だるまさんと」にはまっており、特に「いちごさんとペコ」がお気に入り。頭を何度もペコペコするので、こちらこそという気持ちになる。

そして気付けば夕方。特に何をするでもなく終わりそうだったので、せめて家族みんなでと、近くの農道を30分ほど散歩した。桜が咲き始め穏やかな風が吹く。赤ちゃんは抱っこで、お兄ちゃんがベビーカー。相変わらず甘えたグセのぬけない兄だったが、こうして平日にまったり散歩することはこれから減るだろうし、これが家族としての一番の過ごし方だったのかもしれない。

そして晩御飯。散歩で歩いたわけでもない息子は、ご飯を食べながらそのままイスで寝てしまった。何をするわけでもなかった一日だけど今日も楽しかったのかな。明日で最終日、最後まで楽しもう。

育児休暇終了まで3日

花園公園(3/29)

妻の友だちと花園公園に行った。ちょうど一年前のこの頃に妻とその友人が「出産時期が同じだから」という理由でマタニティフォトを撮っていたので、一年たって子どもたちがどう大きくなったかを撮るためだ。

友だちの家前でお弁当を一緒に食べてから公園へ向かった。ただ花園公園内は桜の時期で人が多かったため、公園から少しそれた恩智川沿いで写真を撮った。

子どもたちは大きくなっていた(当たり前だが)。赤ちゃんたちはもう掴まり立ちできるようになったし、11か月同士でもお互いの顔をじーっと見てつんつんしたりして相手を意識していた。上の子たちの話す内容、遊び方も一年前と比べると随分変わった。まてまてとお互い笑顔で追いかけあうのもかわいかったし、シャボン玉を自分でふーっと吹いて飛ばせるようになり「ふーせん、ばいば~い」と手を振る姿にも和んだ。子どもの一年の成長って本当に色々詰まっているなと思えた。

二時間程かけて写真を何枚かとった。桜の木の下で撮る写真はやはりきれいだ。来年も同じように写真を撮れたらいいな。

帰りは大変だった。息子がもっと遊びたいと大泣きしたからだ。息子にとって友だちと遊ぶことは今なによりも楽しいみたいだ。公園で遊びたかったの~と車の中で30分ほど泣き続けた。最終的にはおかしを口にくわえた状態で寝てしまった。かわいそうな気もしたが時間は有限だ。いつでも思い通りに使えるわけではない。という大人の事情でモヤモヤとして帰宅した息子。起きてからも調子が今一つだったが、ばぁばの家に遊びに行くと徐々に機嫌を取り戻してくれた。息子にとっては家より安心できる場となっているのかもしれない。今年一年本当にたくさん助けてもらった。四月からもよろしくお願いします。

育児休暇終了まで4日

帰っちゃダメ(3/28)

朝、ごはんを食べている時に台所に向かう父。すると息子は「ついでに、スプーンもってきて」と言った。普段の親の言葉を本当によく聞いている。使う場面もあっている。コーヒーを淹れたついでに、父は息子のスプーンを持って行った。

夕方はおいちゃんが子守の手伝いにきてくれた。息子はプラレールで一緒に遊んでもらいとても楽しかったようだ。「晩御飯ができたので食べようか」と息子に言うと「ダメ。おいちゃん帰っちゃダメ」「でも、そろそろおいちゃんもお家でご飯があるし」「ダメ。帰っちゃダメ。もっと遊びたいの」と埒があかない状態が続いた。でもお腹は空いたみたいでご飯は食べだした。そのタイミングで帰ろうとするおいちゃんに「ダメ。もっと遊ぶの。待ってて」と、自分がご飯を食べ終わるまで待ってなさいと、まさに自己中心的な発言。そういえば自分の子どもの頃は「自己虫」という造語がCMで流れていた。懐かしい。まさに息子は今、「自己虫」である。押し問答が15分ほど続いた後、終わりが見えないので、とりあえず強行しておいちゃんも家に帰った。少しの間、泣き続けたが母ちゃんの膝の上に座ってかぼちゃを食べさせてもらううちに泣き止んだ。それから一周回ってまたテンションが高くなり、積み木を出す、片づけるで遊び倒していた。雨で一日家にいたから動き足りなかったのかな。また、おいちゃんと遊んでもらおうね。

育児休暇終了まで5日

買い物(3/27)

靴を買いに行った。目移りしてしまい中々靴を決めきれないでいると、息子が次々に「これは?これは?」と靴を持ってきてくれる。店の人からすると迷惑だっただろうが、息子はいろんな靴を見るのが楽しそうだった。

その後、ダイソーにも寄った。靴屋では息子の靴は買わなかったので、ダイソーではおかしを買ってあげた。しかし、それに加えジュースを見つけてしまった息子はそれもほしいと手に取った。わかっているけど、買ってしまうところが親としてあまいなと思う。さらにバスボールを見つけ欲しがったが「それだったらジュースかお菓子をなしにして。二つまで」というと、納得したのか「ぼくはもうおかしとジュース、二つあるから見るだけ」と自分自身に言い聞かせているのがかわいかった。そして、買い物にも飽きた息子は「抱っこ。ぼく買い物に疲れた」と言ってきた。この一年で、しっかり自分の気持ちを話せるようになったなと思う。

保育園に行っても、そうやって先生に自分の気持ちを話せたらいいね。

育児休暇終了まで6日

お仕事(3/26)

育休ももうすぐ終わる。今日は職場へ挨拶に行った。変わらず迎えてくれる職場の人たちに感謝である。復帰への気持ちは不安と楽しみとで半々。時間の流れが大きく変わるので、意識して時間を使えるようになりたいと思う。

職場から帰ってくると息子が迎えてくれた。「父ちゃんどこ行ってたん?」とわかってて何度も聞いてくるのがかわいい。息子にとって親たちが仕事に行くとはどういうことかよくわかってないだろうけど、親が家にいない時間が増えるということだけはわかり不安になるのだろう。出来るだけ早く帰れるように頑張ろう。

そして、その後は最近の息子のお気に入りの「ももたろう」の絵本をたくさん読んだ。ガタロー☆マンの描くももたろうはとても楽しい。これからも絵本時間はしっかり確保してあげたいな。

 

 

育児休暇終了まで7日

図工・国語・体育(3/25)

1時間目 図工

f:id:ino-9:20210326055815j:plain

段ボールに自分で切った画用紙をペタペタと貼る息子。夢中だった。

はさみとのりが自分で使えるようになったのが楽しかったみたいだ。

いい感じに想像力を使ったに違いない。

 

二時間目 国語

公文に行った。読み書きをした。最初に比べたらすごく成長した。

親が見えないところで待っていても、先生と二人でプリントをこなせるようになった。鉛筆の持ち方もきれいになり、ひらがなも順調に読めるようになってきている。公文いくもんしてよかった。

 

三時間目 運動

雨もあがったので公園にいった。砂場で遊んだ。そして、大きいお兄ちゃんたちがしているおにごっこをじっと見ていた。途中で「ぼくも走るわ」と言ってさりげなくおにごっこに混ざろうとしてお兄ちゃんたちのまわりをウロチョロしてみるが、体格差とスピードに圧倒されて「こわかった」と戻ってきた。その後、木に登る蟻の群れを見つけて木の棒でずっと蟻をつついていた。これまた夢中だった。これからも虫への興味がどんどんわいてくるのだろうな。

 

一日通して頭や身体をいろんなかたちで使うことができてよかった。保育園にいっても今日ぐらい夢中で活動してくれたらいいなと思った。